対向液圧成形専用機

対向液圧成形法を用い、従来の絞り成形では不可能とされた絞り深さを可能にする、対向液圧成形専用プレスです。品質向上、工程短縮等 トータルシステムでの提供ができるためコストメリットに期待ができます。
対向液圧プレス

特徴

  成形品寸法精度が向上。
  素材表面にキズがつきにくい。
  一工程で難成形の深絞りが可能。
  板厚減少を小さく抑える事が可能。
  素材のグレードダウンが可能。

実績値

  実績機加工能力:5,000kN~40,000kN

実績値

  実績機加工能力:1,500kN~25,000kN

MOVIE

実績機事例紹介

FFP-500

FFP-500

用途 深絞り
主駆動能力 5,000kN
スライドストローク 850mm
デーライト 1,650mm
テーブル寸 1,500×1,200
FFP-500

FFP-500

用途 深絞り
主駆動能力 5,000kN
スライドストローク 850mm
デーライト 1,650mm
テーブル寸 1,500×1,200mm