よりコンパクトに

コンパクトで自由なレイアウトを可能とした冷間鍛造油圧プレス。省スペース、省エネに寄与し、高精度・高品質な部品生産を提供。
冷間鍛造油圧プレス

特徴

  スライド駆動源は汎用モータ駆動・サーボモータ駆動から選択可能。
  サーボモータ駆動を選択する事により、省エネ・好環境を実現。
  油圧ユニットのコンパクト化により省スペース、メンテ性が向上。
  アミノ・データ・グラフィック・システムの搭載により各種成形条件を記録し出力が可能。

実績値

  実績機加工能力:1,000kN~15,000kN

ACTUAL VALUE

  実績機加工能力:1,000kN~15,000kN

実績機事例紹介

CFP-150

CFP-150

用途 自動車部品の冷間鍛造
主駆動能力 1,500kN
スライドストローク 500mm
デーライト 1,300mm
テーブル寸法 800×600mm
ノックアウト出力 300kN
ノックアウト突出し量 150mm
CFP-200(2台)

CFP-200(2台)

用途 自動車部品の冷間鍛造
主駆動能力 2,000kN
スライドストローク 650mm
デーライト 1,150mm
テーブル寸法 800×800mm
ノックアウト出力 200kN
ノックアウト突出し量 195mm